○盛岡北部行政事務組合管理職手当支給に関する規則

(昭和53年7月28日規則第1号)
改正 平成11年6月1日規則第1号
平成17年9月1日規則第1号
平成19年1月26日規則第1号
平成20年4月16日規則第11号

 (趣旨)

第1条 この規則は、盛岡北部行政事務組合一般職の職員の給与及び旅費に関する条例(昭和39年盛岡北部行政事務組合条例第6号)第2条の規定によりその例によるとされる八幡平市一般職の職員の給与に関する条例(平成17年八幡平市条例47号)第27条の規定に基づき、管理職手当(以下「手当」という。)の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

 (手当の支給)

第2条 次の表の左欄に掲げる職員に対し、それぞれ右欄に掲げる額を手当として支給する。

事務局長

給料の月額に100分の10を乗じて得た額

 職員がその月の1日から末日までの間の全日数にわたって勤務しなかった場合は、支給しない。

   附 則

 この規則は、公布の日から施行する。

 すでに支払われた管理職手当については、規則の規定に基づいて支給されたものとみなす。

   附 則(平成11年6月1日条例第1号)

 この規則は、平成11年6月1日から施行する。

   附 則(平成17年9月1日条例第1号)

 この規則は、公布の日から施行する。

   附 則(平成19年1月26日規則第1号)抄

 (施行期日等)

 この規則は、公布の日から施行し、平成18年4月1日(以下「適用日」という。)から適用する。

 (経過措置)

 この規則の施行の日の前日までの間において既に支払われた管理職手当は、第3条による改正後の管理職手当規則の規定に基づき支給されたものとみなす。

   附 則(平成20年4月16日規則第11号)
 この規則は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。